大塚寧々さんの劣化についてはいろいろと噂されているみたいだけど
皆さんどの時期の大塚寧々さんと比較しているのでしょう?

私の場合
まず
すぐに思いつくのはホーキンスのポスターの頃と
現在を比較してしまいます。

あのポスターを見るとどうしても
胸元に注目してしまうかもですが

顔に注目してもらうと
なんとなく劣化がと言うよりも
将来の皮膚の状態が予測出来るかな~って感じがします。

まず
大塚寧々さんの場合
標準より皮膚の色が白い
皮膚のきめが細かい
それから
表情筋がやわらかそう

以上の事から年齢による劣化が目立ち易そう
な感じを受けます。

細かく見ていくと
眉から上の肌の質感は標準よりの
張りが強そうに見えるので

年を重ねても、額のしわはほとんどでない
のではと思われます。

それに比べて
目元から下の皮膚は柔らかいく
色も白いので
たるみやシミなどか出やすくなりそうな質感です。

特に目立ってくるのは
目元は泣き袋の下あたり

それから
ほうれい線付近と頬のたるみ

女性らしいふっくらとした感じの
場合は
やはり
劣化が目立ってしまうのは避けられないのかも><

あとは
やはり
急激なダイエット整形の後遺症
運動不足などの原因も多いかも。

でも

一番確実に将来の
お肌の劣化の状態をみきわめる方法は

その本人の親を見ると分かります。
ほぼその通りになってます^^

だから
遺伝的な要素も大きいのかな~

でも
本来は年とともに
皮膚にたるみやシワやシミが出来てくるのは
自然な事だし

気持ちは分かるけれど

逆にそれを無理にどうにかしよという方が
不自然な形になってしまう。


40代.50代.60代でも20代の肌って
一瞬綺麗でうらやまいって思うけど

よく考えるとやはり不自然な気がする。

だけど
芸能人の場合そうもいっていられない所もあり
可愛そう><

特にモデルさんとか劣化のひどい場合
やはり
体型や顔を売りにしてきたのだから
そのままでは
表舞台には立てないし

気苦労もそうとのものなのだろうと思う。

そして

方法があればなんでも試すのは
やはり当然な流れだと思う。

大塚寧々さんの場合
劣化を防ぐためにボトックス使用の噂もあるけれど
どうなのかな~?

ボトックスって言うと
なんか
毒をもって毒を制するってイメージがあって
なんだか怖いきもするし

筋肉の動きを抑制して
筋肉によっておこる「しわ」に対して
目立たなくさせるみたいだけど


ボトックスを使った人の表情って
なんか
皮膚がつっぱった印象をうけてしまう。

抑制するよりも
表情筋をより動かして
柔軟にしてリフトアップ効果を狙う方が
自然な感じがするけれど

劣化がひどい
あるいは
急激な場合には

短期間での効果は期待出来ないから

やっぱり
多少不自然でも
ボトックス注入で一気に
変えてしまうしかないのかな~

あと
大塚寧々さんの様に顔の小さい人には
関係が無いけれど

ボトックス注入で小顔にする方法とかが
あるけれど
あれはなんかちょっと疑問に思う。

顔の多いひとはエラがはっているって言われるから
そのエラ
つまり
あごの周りの咬筋と呼ばれる筋肉を委縮させるのだけれど
これってかなり不自然な事をしてる様に思うのだけれど

なんだか
顔が固まって
無表情になってまう

笑顔が不自然なってしまうと
思うのは私だけかな?